無添加手作りピーナッツバターと製造上のこだわり

市販のピーナッツバターは、通常選別され、最後に残った そのままでは販売できない落花生を使用するそうです。これを「くず豆」と呼ぶそうです。
LoveBoatのこだわりは、繰り返し選別された小粒の八街産千葉半立落花生と、油分の多い2等の高級な豆を薄皮ごと使用するところです。

小粒の落花生は、粒こそ小さい物の、よく乾燥され、味が凝縮され、香りもコクも甘みもより一層濃厚になります。
また、2等の大粒の豆は良質な油分と旨みがたっぷりと含まれます。
私たちは出来る限りこの美味しい落花生の風味をそのままお客様にお届けしたいと思い、落花生をそれぞれに煎り、ポリフェノールの一種レスベラトロールたっぷりの薄皮を生かして、煎りたての美味しさをそのままペーストにします。

おいしいピーナッツバターを製造するために更に大切なことは、「しっかりと選別をされていること」です。

落花生は自然の作り出す作物です。
特に千葉半立落花生は、他の品種に比べて1ヶ月ほど生育期間が長い品種です。
5月に種を蒔き、10月後半に掘り起こし、天日にさらして10日前後乾燥させます。
それから更に落花ぼっちにして、1ヶ月ほど寒風にさらし、じっくりと乾燥させます。
(このあたりはまた別の場所でご説明します。)
そのように時間を掛けることで、デンプン質がショ糖へと変わり、しっかりと甘くおいしい落花生になります。

ですが、1ヶ月もの長い間外で乾燥させるため、中には雨等により傷んでしまう豆もあります。
やっかいなことに、外見で明らかにわかるものは良いのですが、じっくりと見ないとわからないものもあります。

傷んだ落花生は、それはもう、悶絶するような不味さです。
そういった豆を一粒も入らないように時間を掛けて選別します。
私たちの取引先の問屋さんは、複数の人が選別に携わります。
問屋さんでの選別

そしてこのあと社長による更に厳しい選別をして下さいます。

その後煎り加工を経て当社に入荷してきます。

更にそこから当社でも選別をします。


八街産千葉半立小粒豆を選別する

特に「粒入り」に関しては、さらなる選別をします。
割ってみなくてはわからないものもあるからです。

クランチにしてから選別する様子

何度も何度も選別を繰り返し、やっとピーナッツバターになります。
長い時間と真心を込めて作った一品を是非お召し上がりください。

トップに戻る
LoveBoatピーナッツバターの商品一覧へ戻る