Skip to content

千葉県産、日本最高級品種の落花生。

千葉半立とは

やちまたよしくらのピーナッツバターには、八街市産千葉半立(ちばはんだち)落花生を100%使用。ゆたかな風味と濃厚な味わい、深いコクで、日本最高級品種として人気です。

千葉半立は、八街市で生まれ昭和28年に推奨された、日本の落花生の中では歴史が古い品種。草が上を向く品種(立性)と横に伸びる品種(ほ伏性)を掛け合わせた品種で、どちらの特性も持っていることから半立と名付けられました。しかし近年は、畑の場所を取らずに収穫量も多く、手間がかからないナカテユタカQナッツなどの立性種を栽培する農家が増えています。また千葉半立は、他の品種よりも生育期間が半月から1ヶ月ほど長く、畑を占領する期間も長いため、他の作物をつくれない、悪天候の影響を受けやすいなどデメリットもあります。

そうした理由から千葉半立を栽培する農家は減少傾向にありますが、その分、希少性は増しています。

※2020年の八街市産の千葉半立落花生は、凶作のため原料として確保することが大変厳しくなっております。そのため、2021年11月頃までは八街市産だけではなく千葉県産も使用することとさせていただきます。何卒ご了承ください。