Skip to content

カンホアの塩 500g

販売価格
583(本体540円、税43円)

商品説明

カンホアの塩 石臼挽き 500g

海水から塩の結晶、収穫後もすべて天日干しの天日塩

カンホアはベトナムの地名です。フランス領インドシナ時代からおよそ100年続く天日塩の名産地。「カンホアの塩」は現地天日塩生産者と有限会社カンホアの塩によって共同開発され、専用の天日塩田にて作られています。
ベトナム・カンホアで一般的に作られている天日塩とは異なります。

海水から塩の結晶さらに収穫後もすべて天日干し。「カンホアの塩」は人工的な加熱を使わない、南国カンホアならではの製法で作られた天日塩です。原料はもちろん海水だけ。
味の決め手は専用塩田での独自の製法。「海水の成分を“全体的に”取り込みながら塩の味をつくる」がコンセプトです。つまり海水の様々な成分の様々な味を複合的に「塩」にすることで、ほのかな甘みや独自の旨みを醸し出します。

「それはまるで海のような、深く豊かな味わい」。シンプルな塩味の料理にはもちろん、いろいろな料理でこの「味」をお試しください。

石臼挽きの塩は・・・

収穫した天日結晶の粒をそのまま更に天日干しをし、石臼で挽いて細かくしたもの。一番とけやすいので、最も使用範囲の広いタイプです。この「海のように深く豊かな味わい」はお料理の味を包み込むようにきくやさしい塩味です。そのため慣れないと「なかなかきかないな」と感じることもあるかもしれません。単純な塩辛味ではなく、海水のような複雑な味を加えると思ってお使いください。

やちまたよしくらとカンホアの塩

やちまたよしくらのピーナッツバターには、『カンホアの塩』を使用しています。(味付けなしのピーナッツバターを除く)
ピーナッツバターを製造するにあたり、安全でおいしい塩をさがしていました。国産の天日塩はとても美味しいのですが、食品の製造に使用するにはあまりにコストが掛かりすぎる…そんな中出会ったのが「カンホアの塩」でした。
国産の塩に比べ安価、そして岩塩のような独特の香りがなく、ミネラル豊富でやさしい味。
その製法にも大変共感し、お客様にもおすすめしたいのが、天日海塩です。

商品詳細

【原材料】

【内容量】

500g

【賞味期限】

【保存方法】